JR日進駅 さいたま市の不動産情報 住宅・マンション・土地および賃貸管理のご相談は株式会社オフィスサンエスへ


株式会社オフィスサンエス

電 話でのお問い合わせは048-776-9367
〒331-0823 埼玉県さいたま市北区日進2-763-11



リスクの把握と対応

○ 空室リスク  
総務省統計資料によると、の2010年の 10月1日現在、総住宅数5759万戸で総世帯数は4997万戸と
762万戸の住宅が上回り、1世帯当たり住宅が1.15戸ある状況という数字が出ています
空室になる可能性を高めてしまう事柄を最初から把握する必要があります。
駅から遠い、管理が不十分できたない、賃料が周囲の物件より高い 敷金、礼金がその地域の水準
より高い 間取りの需要、例えば1Kの物件ばかり多く需用を大きく上回る供給が発生等
購入時に検討すべきですが、稼働中の物件に対しては3つのシステムの構築が必要です。
  1、入居者が入りやすいシステム  入居時、退去時を明確にし負担と不安を解消する
  2、入居者募集のシステム   多くの不動産会社が空室を埋めるよう動く為のシステム
  3、入居者様の満足度を向上させるシステム いつも清潔に保つ等

○賃料滞納リスク
賃貸保証会社を通す等

○賃料下落のリスク
古くなってくれば、新しい物件に対して競争力が落ちてきます。その結果賃料を下げる必要も出で
来ます。賃料の粘着性と言って世間一般のものより下落の幅は小さいですが、物件の魅力を下げな
い投資が必要です。

○金利上昇のリスク
金利の先行きは見通すことが困難です、固定、変動金利の判断は個人の判断基準によります。

○火災 地震リスク
投資物件を同じエリアにもつと何かの時に同時に失ってしまう可能性。
大きな地震も長いスパンで周期的に起きているようです、その場所の地盤というミクロ要素
と歴史的流れを捉えたマクロ要素の検討が必要です。

2017年リスク   相続税の改定に伴い、新しいアパートが建てられています。
特に1Kタイプが市場規模に不釣り合いに作られています。
1Kであれば1LDKとして30u以上にして、2人でも生活できるものを作るべきと思います。
        
                                           投資TOPへ



店内イメージ

shop information店舗情報

株式会社オフィスサンエス株式会社オフィスサンエス

〒331-0823 埼玉県さいたま市北区日進2-763-11

TEL.048-776-9367
FAX.048-776-9398


投資リスク- 株式会社オフィスサンエス